こけた・事故、などの場合、抜けた歯をすぐに生理食塩水か牛乳につけて歯医者さんに持って行って下さい。
 歯のまわりにある細胞が生きている場合は、もとに戻せる可能性があります。細胞が死んでしまわないようにするために、
水道水につけるのはやめてください。


 
ぐらぐらしていた歯が抜けた場合、すぐに歯医者さんに行ってください。抜けたまま放っておくと、反対側の歯が伸びてきて、横の歯が倒れてきます。咬みにくくなるのはもちろん、顔のかたちまで変わってしまいます。


 
つめ物、かぶせ物がとれた場合、それを持って歯医者さんに行ってください。場合によってはとれたつめ物、かぶせ物をそのまま使えることもあります。





ページトップへ