現在、むし歯にならないようにする予防処置が歯科の分野で注目を集めています。
 いろいろな方法があるのですが、その中から代表的な方法をいくつかあげさせていただきます。



 
痛くなくても定期健診には必ず行って下さい。
 よくあるご質問に、子供さんの場合、何歳から定期健診につれてきたらいいですか、という内容があります。
 いすに1人で座り、お口を開けることができる子供さんでないと、お口の中の状態を見ることができませんので、ひとつの目安として、おしめがとれたころからつれて来てあげるくらいがいいのではないかと思います。

 
しっかりフッ素を応用して下さい。


 
6歳以上の子供さんの場合、シーラントで大人の歯を守りましょう。


 
定期的にPMTCをして下さい。
保険はききませんが、よりむし歯になりにくくなります。


 
歯磨きの仕方を歯医者さんで教えてもらいましょう。
 1人1人その方によってお口の中は違います。ということは、それぞれのお口の環境によって磨き方は違うということです。


 
フロス(糸ようじ)、歯間ブラシといった歯ブラシ以外の清掃用具も必要であれば使用して下さい。


 
キシリトールや乳酸菌を応用するのもよいでしょう。




ページトップへ