気づかないうちに進行するこわい病気、歯周病で歯を失わないために・・・



Q. 歯周病とは・・・??

 歯周病は歯を支えている歯周組織を壊していく病気です。
 病気がひどくなると、歯を支えている骨がなくなってしまうので、歯が動くようになり、咬めなくなって、進行し続けると、抜かなければならなくなってしまいます。


 歯肉炎・・・・・・・・・・・・・歯周病は歯ぐきにだけ炎症を起こす歯周炎から始まります。歯ぐきが赤くつやをもったり、歯磨きをすると出血することもあります。
 歯周炎(軽度)・・・・・・・炎症が進むと赤く腫れる状態が顕著になり、歯磨きをした時に必ず出血します。歯を支える歯周組織にも炎症が進み、骨が溶けはじめます。
 歯周炎(重度)・・・・・・・さらに進行すると、歯肉から膿や血が出て口臭もひどくなります。骨の多くが失われているので、歯はグラグラしてきます。




 
歯周病は歯周病原菌というたくさんの悪いばい菌によって起こります。これらのばい菌が歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)の中で増殖すると、歯周ポケットが形成され、歯ぐきがはれ、処置が遅れると骨まで破壊されてしまいます。
 つまり歯ぐきのポケットの中には、じめじめと暗いところの好きな悪いばい菌(いわゆるストーカーのようなばい菌)がいます。
 また、どんどん悪くなると、そういう陰険なやつですから、歯ぐきの色をどんどん悪くしたり、歯の周りの骨まで溶かしたり、お口のにおいの原因にもなります。

歯周病の治療
 歯周病の治療は歯周ポケット内にある汚れ(歯垢や歯石)を取り除き、歯ぐきの炎症を抑えて引き締め、これ以上、顎の骨(歯槽骨)が溶けてなくなるのをくい止める治療です。
 歯ぐきが引き締まってポケットが浅くなると、歯ぐきが引き締まり、歯の根が見えてくるため、見た目にはまるで歯が伸びたように思われますが、そうではありません。
 治療前は歯ぐきが腫れあがって、歯の根が隠されていたに過ぎないのです。
 それじゃあどんどん見た目が悪くなるんじゃないの?と思われる方がいるかもしれませんが、これ以上、顎の骨が溶けなかったら、根っこは見えてきませんので心配しないで下さい。


ポケット内の歯垢や歯石を取って治療すると歯ぐきが引き締まる

PART1
治療前 治療後

        

PART2
治療前 治療後


ブラッシングと定期健診で健康管理

 歯周病は改善しても、ちょっと油断すると、またすぐに悪化する病気です。しかも、かかってしまうと治すのに非常に時間のかかる慢性疾患です。
 歯磨き
 歯周病の原因となるのは、食べかすではなく、ばい菌のかたまりですので、歯磨きでばい菌を確実に除去することが大切です。
 歯磨きは磨いたつもりでも磨けていないことが多くあります。その方1人1人にあった歯磨きの方法がありますので、自分にあった歯磨きの仕方を、歯医者さんで教えていただいて下さい。


 定期健診の重要性
 歯周組織の健康維持と管理の方法は、患者さん自身がおうちで行うホームケアと、歯科医院での定期的なプロケアの2種類に分けられます。
 ホームケアとは患者さん自身のプロの指導による歯磨きやフッ素を使った方法のことで、プロケアは患者さんの病状に合わせた自分では行えない部分のお掃除や、特殊な薬液、装置を使った口腔清掃のことをいいます。
 これらがしっかりかみ合うことで、歯周組織の健康維持が万全になります。
 歯周病から口腔内を守るためには、かかりつけの歯医者さんをもつことが大切です。



Q. 生活習慣での注意点はありますか?

 
歯磨きを怠ることが1番のリスクですが、その他にも病気を進行させたり、治りにくくさせる原因に「喫煙(たばこ)」、「歯ぎしりや食いしばり」があります。
 また甘い食べ物はばい菌の巣である歯垢の栄養源になるので控えたいですね。
 さらに、全身の健康状態が悪化すると、抵抗力も低下してばい菌の活動が活発になるので、体調の管理も大切です。




ページトップへ